スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「図書館戦争」を見ました。

本の為にというか、言論の自由のために銃撃戦、というのが受け付けないなぁ、と原作小説は読んでいませんでした。
すると、LaLaでの漫画連載が始まって、否応なく読むことになったので、
その辺のわだかまりは気にならなくなったかな?と思って、見に行きました。

非常にちゃんとしたミリタリー映画でした。
とはいっても、そんなにミリタリー映画を見ている訳ではないのですが、細かい所まで手を抜いていない印象を受けました。
一緒に行った友人曰わく、図書隊の方が威力が小さい小銃が使われていたそうです。
図書隊の目的はあくまで防衛であり、攻撃ではない、ということの主張の一つなのでしょうね。

見た感想としては、実写となると余計に感じてしまう「本を巡っての武力衝突」への違和感は拭えませんでした。
でも、だからと言って面白くなかった訳ではなく、でも面白かったね~と無邪気には思えない。
やっぱりちょっとモヤッとしました。
多分、原作小説を読んだとしても、そこは違和感として引っかかり続けるのだろうなぁ、と思います。

映画ということで、画になる図書館の建物が使われているので余計に強く思ってしまったのですが、文化を伝えるのは、本だけではないのだぞ!!と、建築家は声を上げた方がいいんじゃないだろうか…なんて、本を巡る攻防戦の中、穴だらけになっていく建物を見ながら思っていました。

キャスティングは、良かったんじゃないでしょうか?
若干、手塚が周りに比べて若い気がしましたが、今の日本の若手女優で榮倉さん以外に郁にハマる人はいないだろうし。
私としては、冒頭から画面の隅で笑いを堪えていた、笑い上戸設定の小牧役の田中さんがツボでした。
スポンサーサイト

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。