スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジャンゴ~繋がれざる者」を見ました。

ディカプリオが悪役に挑戦したことで話題の、タランティーノ監督のマカロニウェスタンです。

「スキヤキ・ウェスタン~ジャンゴ」という映画が前にあったなぁ、と思っていたのですが、「ジャンゴ」というのは、マカロニウェスタン物ではよく使われるヒーローの名前なんだそうです。
元々は「続・荒野の用心棒」の主人公の名前で、それがヒットしたため、「ジャンゴ」の名前がよく使われる様になったとのこと。
ちなみに調べたところ、「スキヤキ・ウェスタン~」にはタランティーノ監督も出演していました。

上映前の予告編が、スタローンシュワルツェネッガー死霊のはらわたリメイク、と来たのはどういうことなんだ!?という疑問は、映画の序盤ですぐに解消されました。
まぁ、タランティーノの映画に行こう、と思う人に、バイオレンスはちょっと…なんて人はいないとは思いますが、序盤からウヒャ~ッとかまされるバイオレンスシーン。
血しぶきもただの血しぶきでなく、ちゃんと?何がしかも一緒に吹き飛んでると感じさせてくれる、バイオレンスさでした。


奴隷商人に売られる途中で、元歯医者の賞金稼ぎ・Dr.シュルツに買われたジャンゴは、彼の助手として働くことになる。
生きる術を得たジャンゴは、自分とは別々に売られてしまった妻のブルームヒルダを助けに行こうとするのだったが、力ずくで行こうとするジャンゴにシュルツはからめ手から行こうと提案する。
妻の買い手の大農場主・キャンディを騙して、なんとか妻を買い戻そうとする二人だったが…


2時間40分の上映時間でしたが、最後まで面白かったです。
バンバン人が死にますが、一番見るのがしんどかったのは、奴隷同士をローマの剣闘士よろしく闘わせていた場面でした。
「ギャング・オブ・ニューヨーク」でも思いましたが、武器として洗練されてないもの(今回は肉弾戦)で闘うのを見るのが一番しんどいですね。
スポンサーサイト

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

エヴァQ、再び。

とりあえず、2回目を見に行きました。
とはいえかなり前の事になってしまいましたが…

2回目を見ても、やっぱり「完結編」を見ないと「Q」の評価は出来ないなぁ、という感想しか出ませんでした。
あれをどうやって完結させるのか?
というか、ぶっちゃけラストの時点で、どれだけの人類が生き残れてるのかすら把握出来ません。

それでも、状況が分からないシンジくんと一緒に訳の分からない状況に放り込まれて、エヴァのコックピットからアスカに引きずり出されるまで、つまらない思いはしませんでした。
まぁ、2度目に見るピアノの連弾はちょっと長く思いましたけど。

求めていたストーリーとは違ったけれども、その点では満足しています。


2回見ても、分からないものは分からなかったし、「相変わらず、何を言っているのか分からないよ、カヲルくん。」と言いたかったけれど、ラストシーンに感じた希望を信じて完結を待とうと思います。

続きを読む

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。