スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「妖狐X僕SS」第7巻

6巻を読んでから、もう続きが気になって気になって仕方がなかった「妖狐X僕SS」の新刊。
待ってたよぅ~
「今」の双熾の真意はどこに!?
って感じで期待していたんですが、期待を裏切らず、双熾は双熾でした。

妖狐×僕SS 7

次巻で第2部完って、えええええぇぇぇぇ!
また悲劇が繰り返されてしまうの?
今度取り残されたら、反ノ塚が耐えられないよ。
スポンサーサイト

続きを読む

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

「暁のヨナ」第9巻に、CD付特装版が!

7月20日に発売の「暁のヨナ」第9巻は、ドラマCD付特装版と通常版の二種類発売だそうです。

書店の店頭で特報みたいな動画CMが流れていたり、ベルセルクの原作者がオビを書いていたり、何気にプッシュされている「暁のヨナ」でしたけど、CD付き特装版が出るなんて…
「夢幻スパイラル」の打ち切りにショックを受けてから、幾星霜…
感無量です。

次は、アニメ化でも狙ってくるのかなぁ…
ララも含めて、白泉社の少女マンガでマンガ発祥でメディア展開してる作品って、今ないんじゃないでしょうか?
(サクラ大戦とか、戦国鍋とかのメディア展開には参加してるみたいだけど。)

「夏目友人帳」も終わっちゃったし…
ちょっと、夏目の第5期っていうのはハードルが高そうな気配みたいですしね。

「ヨナ」9巻には、書店によってはペーパーが付くそうです。
こちらは通常版でも付いてくるみたいですね。

続きを読む

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

「ダークシャドウ」を見ました。

ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演+フルメイクもの。
なんだか、流石のジョニー・デップも引き出しがなくなってるんじゃないの?っていう「ダークシャドウ」。

面白かった…とはいえない感じではありますが、駄作まではいかないあたり流石、といった所でしょうか。

コメディというには、主人公のバーナバスのやってる事が少々ダークな感じであり、ホラーというにはオドロオドロしさが足りないし…
その複雑さがあんまりプラスに働いていないっぽい、そんな感想を抱きました。

原作というか、元になったのがTVシリーズということなので、盛込みすぎな感じになったのかなぁ、なんて思ったのですが、TVシリーズはシリアスだったらしいですね。

新天地を求めてイギリスからアメリカ大陸へ渡ってきた、コリンズ一家。
とある港町に落ち着き、町を拓き、事業を起こし、町の名前が「コリンズポート」なったほど、町へ貢献したコリンズ家だったが、跡取りのバーナバスが愛人関係のメイドのアンジェリークを振ったことから、悲劇が始まる。
バーナバスを恨んだ彼女は、独学で魔術を学び、その魔術でバーナバスの両親を事故に見せかけ殺害し、バーナバスの最愛の妻・ジョゼットを呪い殺し、その後を追ったバーナバスをヴァンパイアにし、さらに讒言によって彼を生き埋めにしてしまう。
そして200年後の1972年、コリンズポートの工事現場から、古い棺桶が発見される。

なんだかやっぱり、もう白塗りジョニー・デップは食傷気味かなぁ。
ジョゼット役のベラ・ヒースコートは、なんだか気になる女優さんでした。
キレイでもあり、可愛くもあり、でも美人美人してない感じで、これからに期待って感じ。


続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

「BLOOD-C~The Last Dark」を見ました。

あのTVシリーズ終了後から、なんとも言えない気持ち悪さを引きずっていたので、つい見に行ってしまいました。

過去のBLOODシリーズと比較して、いろいろ言われていますが、思い返すに、そんなにあのシリーズって名作だっけ?という気が個人的にはしています。
設定は良いんだけど、話はいつも惜しいというか…
セーラー服の女子高生が化け物相手に、これまた化け物じみた力で日本刀を振るう。
まぁ、これさえ押さえとけばBLOODシリーズなのかな、とか。

とりあえず、映画はまぁ面白かったです。
TVシリーズを見ていたのなら、なんだかちゃんとしていて驚くかもしれません。
とりあえず、小夜の一つの物語としては、終わっていましたし。

SFとか伝奇物ジャンルの映画には、よく起こりがちでもありますけど、一本の映画として見ると説明不足な感は否めません。
TVシリーズを見ていた私でも、説明不足感はありましたから、映画だけ見るとなると更に、でしょうね。
そもそもTVシリーズ自体が説明不足…ごにょごにょ。

とりあえず、BLOOD-CのCはCLAMPのCか、と。
そんな感想が強くなった劇場版でした。

政財界に強い影響力を持つ七原文人によって、若者たちの行動が制限されている東京。
家へと帰る乗客で混み合う地下鉄車内へ、突如現れた異形の化け物「古きもの」。
乗客を喰い殺しだした「古きもの」の出現に、大パニックになる地下鉄内。
そのパニックの中、一人「古きもの」に向けて刀を抜く、文人を追って東京へやって来た小夜の姿があった。

アノ店主が出てきたときは「あ~、出て来ちゃった。」なんて思いました。(笑)

では、以下ネタバレありです。
そして、長いです。

続きを読む

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。