スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想水滸伝がラジオドラマに…

RPGで何が一番好きか?と聞かれたら、迷いなく「幻想水滸伝」だと答えるでしょう。
キャラクターも音楽も大好きでした。
でも実は、1と2だけしかやっていないんですけどね。
3はなんかシステムが変わっていて、それがちょっと合わなくてやってません。
それから何となく疎遠に…

そんな幻想水滸伝が、いつの間にかネットラジオとラジオドラマに…

しかも、「幻想水滸伝Ⅰ」がラジオドラマに!

主なキャストはこんな感じ。
ティル(坊ちゃん):鈴村健一 グレミオ:子安武人 テッド:石田彰 フリック:中村悠一 
ビクトール:小西克幸 ルック:福山潤

個人的なイメージとしては、テッドと坊ちゃんのキャストが逆って感じなんですがね。
久し振りに、屈託がなさそうな石田さんが聞けて楽しいです。

でも、ぶっちゃけゲームをやってた当時は、ビクトール=山寺宏一 フリック=堀内賢雄の両氏の声が聞こえてました。
某天空戦記の影響かなぁ…?古い人間ですみません。
小西さんでは爽やか過ぎて、なんかクマ度が低い感じがするんですよね~
ビクトールは頼れるアニキなんだけど、クマなんだよな~クマ。

ラジオ幻想水滸伝HP
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしのゲーム
ジャンル : ゲーム

「ダークナイト」を見ました。

バットマンシリーズなのに、バットマンの冠を外して公開されている「ダークナイト」。

ヒース・レジャーの遺作ということで話題になっていたんですが、気軽に楽しめる映画という感じではなかったです。
アメコミヒーローモノという枠を外したい、という意図があったらしいのですが…
逆に、バットマンなんて冠が付いていたら「サギだ!」って叫ぶかも。
重かったです。
クスリと笑えたのは、じいやとブルースの会話くらい。
あとは、ずーっと重くて暗い。
そして最後まで重い。
楽しかった、とは言えないんですが見応えは十分ありました。
2時間超の上映時間も長いとは感じませんでした。

バットマン=ブルースは「ビギニング」に続き、クリスチャン・ベール
ナイスなじいやはマイケル・ケイン
悪の権化、ジョーカーは残念ながら亡くなってしまった、ヒース・レジャー
バットマンの良き協力者ゴードン警部は、ゲイリー・オールドマン
ヒロイン、レイテェルはトム・クルーズの嫁から代わってマギー・ギレンホール

以前にも書きましたが、どうしてもヒース・レジャーの顔を忘れがちなのですが、この映画を見てまたまた顔が分からなくなり「ロック・ユー!」を見直した私です。
あぁぁぁ、そうそう君はそんな顔だったよね。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

Turn21:ラグナロク接続

ルルーシュは相討ち覚悟で皇帝と精神世界に…

とりあえず、やっぱり人類補完計画かい!父さん!
シンジ君と違って、ルルーシュは真っ向から反逆…というより反抗していましたね。
マリアンヌまで皇帝側だったとは思わなかったので、そこは意表をつかれましたが、ちょっと残念。
気絶してるスザクの顔にマジックで落書きしようとしたり、足をヒラッと上げてクリッと回ってみたり、結構いいキャラな母さんだったのに…
でも仮にあの両親の元で育ったら、神経質っぽいルルーシュは大変だったんじゃないだろうか…

…やっぱりグレて、どっちみち反逆してそう。

続きを読む

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。