スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夢幻スパイラル」

前に「とりかえ風花伝」を記事にした時に、思わせぶりに書いていた、打ち切りに泣いた好きだったマンガ第2弾ということで。


icon
icon夢幻スパイラル   1
icon

問題を起こす悪霊たちを代々祓ってきた、霊術師の家系・鈴鹿家。
女子高生の鈴鹿弥生はその78代目の若き当主。
強力な霊力を持つ弥生の力を狙って、鬼族の王子温羅(うら)が襲ってくるのだった…が、あえなく温羅は弥生に敗北。猫の姿に封印されてしまうのだった。
そこから、弥生と弥生の命を狙う猫の温羅との鈴鹿家での奇妙な同居生活が始まるのだった。

「NGライフ」を描いている草凪みずほの前の前の連載です。
NGライフは好評のようで、アクセス解析で見ると結構「NGライフ」で検索して来てくれる人が多いのです。
あぁ、嬉しい~NGライフが好評で。

スポンサーサイト

続きを読む

テーマ : 少女マンガ全般
ジャンル : アニメ・コミック

「コードギアス・反逆のルルーシュ」Sound Episode vol.3

とりあえずDVD6巻の記事も書きましたので、ついでにいっとこう、と。

このサウンドエピソードシリーズでは、結構ルルーシュってオチ担当なんですが(そして、天然スザクが大オチ担当)、珍しくこのvol.3ではオチ担当ではありません。
でも、ルルって普通にしてても結構いつもオチくさい…いえいえ。
C.Cの拘束衣以外の服(ぶっちゃけコスプレ)の謎が解ける「拘束衣の女」
ミレイとリヴァルの「他人ごっこ」
ルルとナナリー、スザクの子供の頃のエピソードの連続ドラマ「秘密基地の唄」
の3本です。


icon
iconコードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 3
icon

続きを読む

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

花ざかりの君たちへ

中条比沙也の「花ざかりの君たちへ」がドラマ化ですって。

「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス」

…瑞希が掘北真樹ちゃんだとか、佐野が小栗旬くんだとか、中津が生田斗真くんだとか、どうでもいいです。(真樹ちゃんはすきなんだけど)
そのイケメン♂パラダイスって副題、何とかならんのですか…?
ちなみに桜坂学園はイケメンしか入学できない学校…って、ナニソレ?
ということは、日本橋は存在しない訳なのかな。

そして一番解せないキャスティングが、梅田北斗=上川隆也
ちゃんとゲイ設定らしいけど、上川さん新境地を開けるのかな…
いや、舞台くらいハジケてくれたらいいかもしれないけど。
私としては、もういっそ北村一輝さんくらいでもいいかっていうくらいなんだけど…

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

「そのときは彼によろしく」を見ました。

「あんたたち、そんなに泣きたいのかっ!」って赤目に黒髪の少年が叫びそうな映画なんだろう、と思ってました。
まぁた、ヒロインが難病で死んじゃうのかって。
まぁその通りといえば、その通りの映画でした。
なら、なんで見にいってん?なんて言われそうですが、要するに会社の友達に試写会の券をもらったのです。
こう言っていても、それなりにちょっと気になってた映画だったのですよ。ありがとう、友よ。
なので、結構前に見てたりして。

監督:平川雄一郎
出演:長澤まさみ、山田孝之、塚本高史
原作は「いま、会いに行きます」の人だそうです。
「いま、会いに行きます」と聞いて「ゾンビ映画?」って思った私…
よく一緒に映画を見に行く友達も、同じように思ったそうです。
類友?

アクアプランツの店「トラッシュ」の店長をしている智史の前に、いきなり働かせて欲しいと若い女が現れ、無理やり店に居座ってしまう。
居座り店員が元トップモデルの森川鈴音だということを知り、戸惑いながらも奇妙な同居生活に馴染んでいた智史は、詳しい事情を聞く事もなく、なんとなくそのまま彼女を居座らせ続けるのだった。
ところが、鈴音は幼い頃に別れた幼馴染の滝川花梨だったのだ。
遅ればせながら、再会を喜ぶ二人だったが、二人にはもう一人佑司という幼馴染がいた。




続きを読む

テーマ : “そのときは彼によろしく”
ジャンル : 映画

「いかがだったでしょうか」が気になるっ!

届きました。「反逆のルルーシュ」DVD6巻。

今回はマオの巻、と言ってもいいでしょうね。
唯一のルルーシュ以外のギアス能力者。
久しぶりに絶好調なマオが見れて、そして追い詰められまくるルルーシュが見れて面白かったです。
それから、るろうに剣心以上に化け物じみたアクションを見せてくれるスザク…

タイトルの「いかがだったでしょうか」は、コメンタリーでルルーシュ福山氏が言っていたんですが、最近世の中で多用されてますよね。
何回聞いても慣れません。
「いかが」は改まった表現なので、その後に「だった」が来るのがどうも個人的にキモチ悪いのです。
福山さん、ラジオではちゃんと「でした」って続けてたのになぁ。
一番初めに耳にしたのは「ビストロスマップ」で、中居オーナーが言っていた時なんですが、ニュースでアナウンサーが言っていた時には仰天しました。
アナウンサーって、それでいいの?って。
全然大丈夫、みたいに定着していくのかなぁ。(全然は大昔は肯定の言葉と使っていたのに、いつの間にか否定と使うようになって、また肯定形に戻ったみたいですが)
イヤだなぁ~
でも、久々に見た「解読不能」のOPに気持ち悪さを感じなかった様に、慣れるものなのかしら。

icon
iconコードギアス 反逆のルルーシュ volume 06
icon


続きを読む

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

篁破幻草子「めぐる時、夢幻の如く」

角川の結城光流キャンペーンに、踊りに踊っています、ここ2,3ヶ月。買いましたよ、篁破幻草子。
応募券だけチョキチョキという訳には行きません。
「少年陰陽師」にもちらちらと姿を見せる冥官、小野篁の物語。
昼は平安京に出仕し、夜は冥府に出仕する、非常に働き者で、物言いのキツイ篁さんです。
この「めぐる時、夢幻の如く」が完結編です。

とか言いつつも、読んだのは「宿命よりもなお深く」「六道の辻に鬼の哭く」「めぐる時、夢幻の如く」の3巻だけだったしります。
それでも別にお話が分からない、という事はありませんでした。
というのも、昔コミックス版の「篁」が出ていて、そちらを読んだことがあったので、基本的な設定は頭に入っていたからですかね。
コミックス版はオリジナルの展開だったのでしょうか?
確か、雷信の正体が篁にバレるようなお話だったような気がします。


icon
iconめぐる時、夢幻の如く
icon

続きを読む

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 本・雑誌

真・イズミ幻戦記「暁の国 第3巻」

出るなんて半分しか信じていませんでしたが、出ましたよ、第3巻。(でも、前の記事を確認したら、本当は3月予定?)
なんだか、「イズミ幻戦記」に関してはマメに記事にしてるような…
若木未生のお話の中では「イズミ幻戦記」が一番好きですね。

次巻のオビはイズミ様、大復活~!なんでしょうねぇ、おい。


icon
icon真・イズミ幻戦記 暁の国3
icon
オビには「ついに、降臨」とありましたが、本当に最後にご降臨でしたね。
いやいや、ヒーローは一番いい場面で、気を持たせてからご登場が決まり事ですものね、イズミ様。

続きを読む

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 本・雑誌

カセットデッキが届いた!

長いこと部屋に鎮座していたCDラジカセが本格的に壊れてしまい、ラジだけになってしまったので、買い替えました。
世の中はMP3全盛で、MDすら風前の灯ですが敢えて!敢えて!カセットデッキを購入ですよ。

探してみると、最近のカセットデッキの機能の削減の激しさに、愕然としました。
オートリバースって普通についてないんだ、とか。
2万越えた様なMD・CDラジカセでも、オートリバースが付いてないなんて…
ということで、ONKYOのK-505FX-Sを買うことに。
ONKYOのミニコンポは持ってたんで、それに対応したカセットデッキってことでね。

古いカセット達が、いい音で鳴ってくれて非常に満足です。

ipod全盛の時に、敢えてNET-WALKMANを買い、MP3全盛の時に、ポータブルMDとカセットデッキを買ってます。
ちなみに、自作PCでもないのにCPUはAthlonです。
いつも、あんたらしいよ、と友達に言われます。
えぇ、そんな人間ですともよ。


テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」を見ました

1も2も見たからには、3も見なければならぬでしょう。
ということで、行って来ました、「ワールド・エンド」。
2の「デッドマンズ・チェスト」が完全に3に続くストーリーでしたので、2の記憶がおぼろ気な感じで見に行くのはちょっと危険かなぁ、と思っていたのですが、危険でした…
2を見てから、行ったほうがいいでしょうね。
最初のうちは、「誰だっけ?何だっけ?」なんて2のストーリーを思い出しながら見ていました。

監督:ゴア・ヴァービンスキー
よりも、製作:ジェリー・ブラッカイマーの方が有名でしょうね。
出演も言うまでもなく、ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ビル・ナイ等のおなじみの面々。

ノリントンを通じてディヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れ、ディヴィ・ジョーンズとフライング・ダッチマン号を意のままに操れる様になったベケット卿は、海賊とその協力者の弾圧を始めた。
逮捕、即処刑と、次々に処刑台に送られる逮捕者達。
その中の一人の少年が歌を歌いだした。やがて、処刑場の囚人全員が歌いだしたその歌は、海賊に助けを求める歌だった。
その歌によって、9人の海賊長による評議会が招集された。
しかし、その海賊長の一人ジャック・スパロウはクラーケンに呑み込まれ、世界の果てにある生と死の狭間の国「海の墓場」に捕らわれていた。
ウィル、エリザベス、バルボッサはそれぞれの思惑を秘め、ジャックの救出に向かうのだった。









続きを読む

テーマ : パイレーツ・オブ・カリビアン
ジャンル : 映画

新ガンダム…W?

前々から言われていた水島精二監督のガンダムが正式発表だそうで。

http://www.gundam00.net/

水島監督は、大好きだったアニメ「鋼の錬金術師」の監督さんなんで、大丈夫なんじゃないかなぁ、と思ってるんですが…(いや、アニメの「鋼の錬金術師」も原作派には評判悪いですが)
某SEEDの監督が来るよりは、あの脚本家が来るよりは…
脚本も黒田洋介さんですしね。(あ、でもリヴァイアスの小説本はトンデモなかったですねッ)
ただプロデューサーが竹田氏。
でも、竹田Pのコードギアスの世界情勢に対する指摘(二大国冷戦構図じゃない方が良いってヤツね)は的確だったと思うんだけど、「ガンダム」に絡むとなると不安です。
でも一番不安なのは

ガンダムによる全戦争行為への武力介入を開始する

…コレデスヨ!
おいおい大丈夫かよ…この一文だけでツッコミ所満載な感じが…
でも、最初っから武力行為での介入を公言する所が、SEEDの一党とは違う…と思いたい……!

続きを読む

テーマ : 機動戦士ガンダム00[ダブルオー]
ジャンル : アニメ・コミック

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。