スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「君に届け」第3巻

第1巻が発売されて結構一人で「面白い」とハマっていたんですが、年末くらいに「注目作」としてあちらこちらで取り上げられていて嬉しかったです。
前作「CRAZY FOR YOU」も好きなんですが、「君に届け」も大好きです。

長くて真っ黒い髪、白い肌の女子高生、黒沼爽子のあだ名は「貞子」。
陰気な外見から、7秒以上目が合ったら呪われる、席に座ったら呪われる、などなどの噂がある爽子は、クラスの中でも浮いていた。
けれども、爽子は毎日クラスの皆と打ち解けようと頑張るのだった。


icon
icon君に届け   3
icon
椎名軽穂 作:集英社マーガレットコミックス です。
スポンサーサイト

続きを読む

テーマ : 少女マンガ全般
ジャンル : アニメ・コミック

DVD第1巻が到着!

昨日「発送しました」メールが届いたので、出掛けようかなぁ?なんてぼんやり考えていたのを取り止めて、DVD第1巻の到着を待ちました。
そこまでするのか…と呆れる友達の顔が目に浮かびますが、そこまでしちゃいました。

目論見通り、昼過ぎに到着。
ちゃんと初回特典付きが来てホッとしました。
通販で買うとその辺がぼんやりしちゃうので、不安だったんですけどね。

第1話は、つまならそうに学園生活を送っていたルルーシュがカレン達レジスタンスたちの起こしたカプセル強奪事件に巻き込まれ、幼馴染のスザクと再会、C.C.との邂逅を経てギアスを授かるまで。
ルルーシュがめっちゃくちゃ邪悪に微笑んでEDへ突入していました。
改めて見るととんでもない第1話でしたね。

icon
icon
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 01
icon

続きを読む

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

深夜で良かった…第15話「喝采のマオ」

第15話とか気まぐれにつけてみました。
そんな感じで、いい加減な感じでお送りします。

さてさて、今回はマオとルルーシュのC.C争奪戦決着編でした。
人の心が読めるマオと、きっと考えないと動けない超頭脳派ルルーシュの対決。
効かないギアスを使っても、C.Cを必死で引き止めるルルーシュがなんか意外でした。
もうちょっとC.Cの行動の裏とかを読もうとするのかと思ったんですけど、結構激昂して引き止めてましたね。
それだけマオっていう存在は脅威だったんでしょうか。

でも今回時期的にめっちゃくちゃヤバいネタがありましたね。
土6じゃなくってよかったよぉぉぉ。
C.Cを飛行機に持ち込むには小さくしないとねっ!
チュイーン…って。
シャレになんねぇ!ヤバすぎです!!


続きを読む

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

少年陰陽師にはまってしまった…

「窮奇編」三冊をとりあえず買ってから続きを買うのを決めるかなぁ、なんて本屋でうそぶいていたんですが、何気なく続きの「風音編」を読んでしまってから、大ハマリしてしまいました。
「途中で止めるなんて出来るの?」なんて本屋で私に言った、友達の慎ちゃんの嘲笑が聞こえて来そうです…
ここの所、本屋を駆けずり回ってます。
TVアニメで丁度「風音編」をやってるからなのか、「風音編」が丁度なかったりするのです。私の1冊先をキレイに買って行ってる人がいたりして、毎日大変ですよ。
集めてない時は本屋に溢れるほど平積みされてる様に思ってたのに…

考えてみれば、昔「宇宙皇子」にもハマっていたわ。
あれは延々10巻分みっちり、ねっちり悩み抜く宇宙皇子に付き合いきれなくなって読むのを止めたんでしたねぇ…


icon
icon焔の刃を研ぎ澄ませ
icon

これが本当に本屋になくって…
あってもボロボロだったりさ。走り回ったさ…

続きを読む

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 本・雑誌

MD事情

イヤホンを買い換えてご満悦だった私なのですが、それから2週間ほどしてポータブルMD本体が壊れました。
キュルル…プツッ、と音が鳴らなくなってしまったのです。

とりあえずディスクのせいかどうか調べてみたり、他のディスクを入れてみたりして「壊れた」と諦めました。
世の中こんなものだね。
5年補償も夏に切れたし、修理となると下手すると買い換えるよりも高くなるかも知れない、という事で、買い換える事に…
色々調べた結果、買ったのはシャープの1ビットポータブルMD、の一番安いやつ。
MDの時代じゃないよ、とか聞こえてきそうですが、いいのです。私が欲しいのだから…
っていうか、やたらにMDに落としまくった時期があったので、それが全部ムダになるって言うのは、ちょっとねぇ。




続きを読む

コードギアス第2期OP

おぉ~め~で~とぉ~、やっちゃったねぇ。

…とか言いたくなる「コードギアス反逆のルルーシュ」のテーマ曲変更ですね。
いやぁ、先週見た時のOPの気持ち悪さ、EDの気の抜けよう…
種デスの4期OPのケミストリーを聞いた時以上の気持ち悪さでしたね。
気のせいかと思ったけど、気のせいじゃなかったね。

アニメに合わせる曲は力強さがいる、とかいう事を「鋼の錬金術師」の音楽を担当していた大島ミチルさんが言っていたけど、本当にその通りだと思った第2期の曲です。
BLOOD+の時の「雷音」はかなり絵の方も歩み寄ってたし、まだ色んな音が鳴ってた曲だったから、見慣れたんだけど、今回はいつまでもなんかスカスカして寂しいOPかも…


icon
iconコードギアス 反逆のルルーシュ volume 01
icon

続きを読む

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

のだめカンタービレ 

ドラマが終わってすぐアニメ放映というのはすごいですね。

ドラマの千秋はちょっと逞し過ぎるような気がして違和感があったんですが、アニメになるとのだめのキャラクターがあんまり奇人変人に見えないような気がして不思議でした。
そこが違和感ですかね。
アニメの世界だとのだめ程度の変人って成立しちゃうような気がしたんです。
なんか普通に可愛女の子度が上がってたような…
もちろん変人ではあるんですけどね。

まだ変態の森に迷い込んでいない千秋が新鮮でした。

千秋のモノローグだらけの第1話だったので、関智一さんで良かったなぁと思いました。
上手な人じゃないと1話保たなかったんじゃないかなぁ。
キャストは合ってました。
ハリセンの中井さんのぴったりさ加減には思わず笑っちゃいました。
関西弁も流石のナチュラルさでしたしね。
あれほどナチュラルな、芝居とは思えない程の関西弁を聞いた事はなかったですよ。
うっかりハリセンが好きになりそうでした。

テーマ : のだめカンタービレ
ジャンル : アニメ・コミック

ガンダムSEED DESTINYスペシャルエディション「自由の代償」

見ましたよ。
アイキャッチが凝ってて良かったです。
CMの度に楽しみでした。

……

いや、だってデュランダル議長のロクでもない「デスティニープラン」が変わる訳でもないのでね。
でも忘れているものですね。「えっ!オクレ兄さんってベルリンで撃墜された事になってるの?」とか思ったら、3の「運命の業火」の終盤でシンに撃墜されてたんですね。
「運命の業火」はレコーダーに録画してちろっと見ただけで、放りっぱなしにしてたんです。
シンのアスランへの当てこすりの技が磨かれてるなぁって思っただけで、見るのを止めちゃってオクレ兄さんの最期を確認していなかったんですよね。単にドカーンだけでしたけど。




続きを読む

テーマ : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
ジャンル : アニメ・コミック

「武士の一分」を見ました。

キムタク目当て…では断じてなく(恐らく一緒に行った友達は間違いなくそうだと思っていてそうだけど)どちらかというと消去法に近い感じで見に行きました。
前の「たそがれ清兵衛」と「隠し剣鬼の爪」も見ていたし。
前2作と比べると、なにやら泥臭さが半減って感じでした。キムタク効果でしょうか。
なんかお坊ちゃん臭い感じのした「武士の一分」でしたね。

監督は言うまでもない山田洋次監督。
藤沢周平3部作の3作目で、とりあえずこの作品で打ち止めのようです。

三村新之丞は、城で毒見役を務める下級武士。
城で殿に目通りが出来るでもない中で毒見をするという役目に嫌気がさしながらも、早々に隠居して子供達に剣術を教える道場を開くという夢を妻の加代に語ったりしながら、淡々と役目を勤め平和な日々を過ごしていた。
いつも通り毒見をしたある日、新之丞は激しい腹痛に襲われ高熱を出して倒れてしまう。一命を取り留めた新之丞だったが、視力を失ってしまってしまうのだった。
人の世話にならずに生きられなくなった自分に絶望して、命を絶とうとする新之丞を止めたのは妻の加代だった。
そんな所に俸禄も家屋敷も安堵するとの命が城から伝えられ、安心する新之丞だったが、加代が外で男と密会しているという噂が耳に入るのだった。



続きを読む

「PROMISE~無極」を見ました。

見ました、というより見ちゃったて感じ…
借りてから友達が面白くなかったって言ってたのを思い出しました。
半額だったから、ねっ私。とか自分に言い聞かせていました。

「HERO」が当たったので作られた感のある、CGとワイヤーアクションの融合という感じの映画なのですが…
過ぎたるは及ばざるが如し。なんか、そんな印象を受けました。

監督はチェン・カイコー 
キャストは真田広之、チャン・ドン・ゴン、セシリア・チャン、ニコラス・チェーとアジア映画界のスターが集結しています。

伝説の甲冑・華鎧を見につけた、常勝の大将軍、光明。
真実の愛と引き換えに、この世の全ての男たちからの愛と栄華を手に入れた美女、傾城。
地上最速の足を持つ、自分の望みを持つ事も知らない奴隷の昆喬。
彼らは自分達に定められた運命を超える事ができるのか?

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

「王の男」を見ました。

前々から見に行こう、と友達と約束していた「王の男」を見に行きました。まぁ、見たのは去年なんですが…
百万人が誤解するであろうこのタイトル。
見た後では、私はそんなにそんな方向に誤解はしなかったんですが、世間一般的にはやっぱりそういう方面の映画になってしまうんですかね?
まぁ、妄想するも良しですかね。
お話もしっかりしていて、登場人物も深みがあるいい映画でした。

「宮廷女官チャングムの誓い」のチャングムの子供時代のあたりの韓国のお話です。
韓国史上最悪の暴君、燕山君の時代。
この王様のお母さんの処刑(毒殺)に係わったのがチャングムのお父さんで、そのためにお父さんは身を隠していたんですね。そして見つかって、捕らわれてしまったんですね。

そんな時代。純粋に芸で身を立てたいと願って都・漢陽へ出てきたチャンセンと美しい女形のコンギル。
都で披露した芸が思わず受けた二人は、さらに大金を稼ぐ為に、悪評が耐えない王と妾妃を題材にした芸を披露することにする。
その評判を聞きつけた役人が、ある日二人とその仲間の一座を捕らえにやってくる。
「王だって、自分達の芸で笑わせてみせる」と豪語したチャンセンは、王の前で芸を披露して、王を笑わせる事ができなければ斬首という賭けに乗ることになってしまう。
そうしてチャンセンたち一座は、重臣の居並ぶ宮殿で命懸けで芸を披露することになったのだった。

続きを読む

テーマ : 韓国映画
ジャンル : 映画

明けましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます。
2007年です。

えっ?大晦日のついでに書いていないかって?
そんなことはないですよ。
ちゃんとNEWSが復活したのも見ましたよ。
これで関ジャニ∞も8人に戻るのでしょうか?
なんか、身動きが取れなくなったグループの代わりの様に働かされまくってた関ジャニ∞でしたが、今年もこの調子で頑張らせてもらえるのでしょうか?
それが気になる元旦でした。(ファンなわけではないのですが、昔から見てるので気懸かりです)

と、まぁ新年一発目からこんな感じです。
こんな私にお付き合いくださろうという方、今年もよろしくお願いします。



テーマ : 明けましたおめでとう
ジャンル : 日記

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。