スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセス解析

アクセス解析をつけてます。
とはいっても、何を分析するでもない状態ではありますが…
今はひたすらアクセスワードを見て楽しむだけになってます。

色々な単語で検索して、見に来て下さってて面白いのです。
え?こんな単語で引っかかっちゃうんだ、っていうのが。
書いた覚えがないような単語も多くて、済まない気持ちで一杯にもなります。
スポンサーサイト

続きを読む

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

「トリスタンとイゾルデ」を見ました。

「トリスタンとイゾルデ」名前だけはよく聞いていたんですが、悲恋物語だということ、古いケルトの物語だということ、くらいしか知りませんでした。
…そして「銀河英雄伝説」のロイエンタールの乗艦の名前が「トリスタン」。(これが理由じゃないのか、とかいうツッコミは聞きません)
大本の物語自体がどんなものなのかずっと知りたかったので、映画化したこの機会に、と見に行きました。
ワーグナーが劇にしてたんですね。
なんか物語として探すと、ぼんやりした物しか出てこなかったんですよ。
本当に正統派な悲恋物語でした。でも、「あぁ、元祖だからね。」っていう古さも感じられるところはない美しい悲恋物語でした。
イギリスやアイルランドの何となく憂鬱さを含んだ美しい自然が見事でした。
監督はケヴィン・レイノルズ。調べてみると、ウォーターワールドを監督してますね。
トリスタンにジェームズ・フランコ。「スパイダーマン」でトビー君の親友役をやってました。
イゾルデにソフィア・マイルズ。知らない女優さんでしたが、輿入れのシーンは本当に綺麗でした。

ローマ帝国による支配が終わったブリテン島は、海を挟んだアイルランド王国による支配の時代に入っていた。
アイルランドの圧政に対抗する為にブリテンの各部族長達が同盟を結ぼうとした、将にその時にアイルランド軍の襲撃に遭い、トリスタンの父と母はその戦乱の中で殺されてしまう。
独り生き残ったトリスタンは、彼をかばって右手を失ったマーク候に引き取られ、立派な戦士となるのだった。
海を隔てたアイルランドでは、冷酷な父王に反発して自由に憧れるアイルランド王女・イゾルデが海の向こうの見知らぬ大地へ想いを馳せていた。






続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

「カラクリオデット」2巻

前にも紹介しましたが、2巻が出ました。

引き続き学校に通うロボットのオデットなんですが、まだまだオデットには分からない事が人間にはたくさんあります。
もっともっとたくさんのことを知って、人間に近づきたいというオデットの学校生活は続く…といった感じです。


icon
iconカラクリオデット   2
icon

続きを読む

テーマ : 少女マンガ全般
ジャンル : アニメ・コミック

遙かなる時空の中で3 

買ったもの…って買ったのはずいぶん前なんですが、なんとなく始めた「3」。
1(借りた)も2(買った)もプレイしていたので、3で変更になったシステムにちょっと戸惑いました。
RPG色が強いゲームになってましたね。
とかって、今更何言ってんだかと言われそうなほど、時期はずれにやり始める辺り…

でも、やり始めたとは言ってもまだ1周目なのです。
というか、このゲームやり込み型のゲームなんですね。
1周目ではまだまだ上っ面だけのプロローグといった感じでした。
まだまだ誰とも仲良しではないですよ。

でも今度こそ黒龍の神子と仲良くなろう、とか企んでるのですが…

続きを読む

テーマ : 遙かなる時空の中で
ジャンル : ゲーム

「猟人日記」を見ました。

戎橋のTSUTAYAが半額だったりして、ここでしか借りられそうにないもの(近所のツタヤになさそうな映画ってことね)、そしてユアン・マクレガーが主役だってことで借りてみたんですが…

久々にハズレを…!!!

だからパッケージのアオリなんて当てにならないって!広告なんて真実を伝えないって!ユアンの出る映画は結構微妙なのも多いって!!
分かっていたのではないの?私!!

川で溺死体をみつけた主人公の男(名前も忘れたわ)は、隠していることが二つあって、それはその死体が分かれた恋人だったこと。そして雇い主の奥さんと関係を持ってること。

とかいうなんだか、心理劇が展開しそうなアオリに騙されたのでした。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

「X-MENⅢ ファイナルデシジョン」を見ました。

TOHOなんばが新しく出来たので、「X-MEN」を見に行くことにしました。
22日にオープンしたばかりなんで、まだ新しい建物の匂いがしました。
椅子も座りやすくて、寝不足で映画を見に行くとうっかり寝そうです。
カバン掛けがあったのが嬉しかったです。
でもそのせいで、なんばの映画館が二つなくなってしまいました。
スバル座なんか、本当に「劇場」という空気があった映画館でなんだか椅子も豪華でした。古い映画館のわりに座りやすかったし。

映画は、あまり難しく考えないで、でも、筋が通ってて丁度いい感じで楽しく見れました。
でもファイナルなんでしょうか?続きがありそうな感じで映画は終わっていました。
ぶっちゃけ、ヒュー・ジャックマンとハル・ベリーが最後なんでしょうね。

ある日全米にニュースが飛び込んできた。
ミュータント能力を消し去って、ミュータントが人間になる薬が発明されたというのだった。
当然反発する、マグニート達。
自分のアイデンティティを揺るがすような新薬の発表に、X-MEN達の心も揺さぶられるのだった。

続きを読む

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。