スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夏目友人帳」1・2巻

「赤く咲く声」からしつこく追っかけ中の緑川ゆきの新シリーズ。
というにはもう2巻が出てるわけなのですが…
絵が結構独特で地味なので、敬遠されそうな感じではあるのですが、心に染みるようなお話が上手です。

人の目には見えない妖(あやかし)が見える少年、夏目はその能力のせいで事故で両親を亡くしてから親戚中をたらい回しにされていた。
遠縁の藤原夫妻の家にやっと落ち着いた夏目は、優しい夫妻に変な力のせいで迷惑を絶対に掛けたくない、と思っていたのだが、いつのもの様に妖に追いかけられて逃げ込んだ神社で、封じられた妖を開放してしまい、自分が妖に狙われる訳を知るのだった。
それは祖母レイコの遺品である「友人帳」のせいであった。
彼女は異能であることの鬱屈を妖怪にぶつけ、付近一帯の妖の名前を奪い友人帳に記すことで子分にしていた人だったのだ。


icon
icon夏目友人帳   2
icon
スポンサーサイト

続きを読む

テーマ : 少女マンガ全般
ジャンル : アニメ・コミック

TSUTAYAベストアニメ100

TSUTAYAに寄ったときに目に入った「ベストアニメ100」というポップ。
「エヴァンゲリオン」が2位でした。
「鋼の錬金術師」が3位でした。
「カウボーイ・ビバップ」が4位でした。
1位は「ガンダム(1st)」かなぁ~と思っていたら7位でした。
…「ドラゴンボール」か?と思って店内をぷらぷらしていたら、

1位は「機動戦士ガンダムSEEDDESTINY」でした!!!

みんな目ぇ腐ってんのか?頭はだいじょうぶか?
それともこれが大人の都合ってやつなのか?!


嫌いとまでは私は言わないけれど、絶対に1位にはしないぞ!!!
絶対に!!!
人には「見ない方がいい」と言うくらいだ。
キラが好きな人は別に止めないけれど。

私としては大人の都合(スペシャルエディション発売絡みの)に1票、といった感じなんですが…
どうなんでしょうね。

私としては「レイズナー」か「バイファム(13抜きで)」が1位かな。



テーマ : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
ジャンル : アニメ・コミック

鈴置さんが亡くなられた。

以前に倒れられたことがある、という話はなんとなく聞いていたのですが、いきなりの訃報で本当に驚きました。
肺ガンを患ってらしたとのことですが、56歳とは早すぎます。
やっぱりストレスが多いお仕事なのでしょうか…

「ガンダム」のブライト艦長や「キャプテン翼」の日向小次郎、「聖闘士星矢」のドラゴン紫龍役などで、昔から好きだった声優さんなので、なんと言っていいのか分からない寂しさがあります。
思わず、TSUTAYAの店頭で流れていた「るろうに剣心」のゲームのデモ映像の斉藤一を何度も何度も見てしまいました。
声が聞けないかと思って…

続きを読む

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

「ゲド戦記」を見ました。

夏と言えばジブリ映画?
ということで、行って来ました「ゲド戦記」。

前評判がやたらに悪くてどんなものになってるのかと思えば、そんなに悪くなかったです。
私は「ハウルの動く城」より良かったと思ったし、結構好きでした。
派手さはないけど、しみじみ素直というか素朴な感じの映画で。

お父さんの駿監督の映画は、普通に暮らしてた主人公がふとした事から世界の大きな流れに巻き込まれていく物語が多いと思うんですが、この「ゲド戦記」のアレンは大きな流れの中心にはいません。
きっと世界の大きな物語に関わってるのはゲドで、今回のアレンの物語はゲドの関わった大きな物語の中の小さな物語、そんな印象がありました。
物語のスケールがはっきりしてた分、「ハウル」よりもテーマも明確に受け取れたし、伝わってきたように思います。

ちなみに私は原作は読んだことがありません。
どうもウチの母親がこういう不可思議な世界の物語が好きでなかったようで、なんだか子供時代にこういう童話の次に読みそうなファンタジー物に触れることなく、私は来てしまっています。
実は「不思議の国のアリス」ですらちゃんと読んだことがありません。
…どうも、母が「アリス」を気持ち悪くてイヤだと思ってたらしいのですよ。




続きを読む

テーマ : ゲド戦記
ジャンル : 映画

「Mr.&Mrs.Smith」を見ました。

ご存知アンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット主演で、この後二人は結婚したという映画です。

情熱的に出会って6ヶ月で結婚したジョンとジェーンの二人だったが、結婚生活も6年目を迎えてちょっと倦怠期に入っていた。
カウンセリングに通って夫婦関係を見直したりする二人だったが、お互いに重大な秘密を抱えていた。
二人とも組織に所属する殺し屋だったのだ。
その日も二人はお互いにそ知らぬ顔で、それぞれに失敗を許されない仕事に向かうのだったが、邪魔が入って失敗をしてしまう。
邪魔をした人物を調べるうちに、二人はお互いの正体を知ってしまうのだった。

はっきり言って、「何が倦怠期やねん。」と言いたくなる二人なんですが、ストーリーが二転三転していくのであまり気にならなくなっていきました。
でも、見終わった後に我に返ってやっぱり言いたくなります。

何が倦怠期やねん!!

別れたカップルの映画を見るのも微妙ですが、その後にくっついたカップルの映画を見るのも微妙です。


続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。