スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩雲国物語 其の二

さてさて、がんばって追いつこうかな、なんて思ったりして。

概ね原作通りの進行なんですが、結構オリジナル展開が入ってきますね。
まぁ「十二国記」の時のように陽子にくっついて2人も流されたり、とかいう大胆な変更はないですが。
「彩雲国」で気になるのは、秀麗が紅貴妃として公の場(とまではいかないのだろうか?)にちょくちょく出てるような気がすることかな。
先の展開を考えると、紅貴妃の顔が知れてると良くないのではないかと思うんだけど…

後は、絳攸のポジション…
ちゃんと若手№1官吏としての有能な所を出してあげてくださいよ。
スポンサーサイト

続きを読む

テーマ : 彩雲国物語
ジャンル : アニメ・コミック

「オオカミの誘惑」を見ました。

「デュエリスト」のハ・ジウォンが他にどんな役をやってるのか興味を持ったので「恋する神父」を探したのですが、貸し出し中だったのでカン・ドンウォンの「オオカミの誘惑」を借りることにしました。

父親を亡くして、離婚した母親を頼ってソウルへ上京してきた女子高生ハンギョンは「普通」な田舎の女の子。
そんな彼女になぜか学校一のツッパリで人気者のヘウォンが言い寄ってくる。そして隣の高校のリーダー・テソンも出合った瞬間から「姉さん」となぜか彼女を慕って付きまとって来るのだった。
元々対立していたヘウォンとテソンはさらに対立していく。そして間に挟まれたハンギョンは…

監督は「火山高」のキム・テギュン。
テソン役はカン・ドンウォン。ソウォンにチョ・ハンソン、ハンギョンにイ・チョンア。

「火山高」を見た時に少年ジャンプの連載漫画の映画化みたいだなぁ、と思ったのですが、これは70年代の「なかよし」でよく描いてたあさぎり夕の漫画みたいだなぁと思いました。(今ではあさぎり夕はBL物しか描いてませんがね。)原作は女子高生が書いたネットの小説だそうで、だからかな?って感じですね。
冴えない女の子にイケメン(いや、だってアオリ文句がそう言ってんだもん)2人が恋するなんて、乙女の願望爆発ですよね。(あさぎり夕はなるべく女の子を描きたくなかったかららしいけど。)

パッケージのハンギョンに完全にフォーカスが合っていないのが泣かせます…ヒロインなのに。(はっきりしてんなぁ、もう。)


続きを読む

テーマ : 韓国映画
ジャンル : 映画

彩雲国物語 其の一

約束は果たすよ!
ってことで、BS2で放送中でキャストも何気に豪華、作画も結構イイレベルを保ってる、なのにイマイチ盛り上がっていないような「彩雲国物語」です。

第1話「うまい話には裏がある」
第2話「井の中の蛙大海を知らず」
第3話「能ある鷹は爪を隠す」

とサブタイトルでことわざのお勉強も出来るのです。
しかもお話の途中でさり気なくことわざの解説もさらりと入れられております。
さすが良い子のための「BSアニメ劇場」です。

昔、四字熟語をサブタイトルにして早々につまづいた刑事ドラマがありましたが、大丈夫でしょうか。
ネタが尽きないことを祈ります。

絵が少女マンガなきらきらしい感じなので、入りにくい人もいるかもしれませんが、主人公の秀麗がまた天晴れな女の子なので見ていて楽しいです。

とかいって、私は原作は全部読んでるんですけどね。
知っているからこそ、聞いていると泣けてくるED「最高の片思い」…
がんばれ、劉輝。先は…まだまだ、まだまだ長いぞ!

icon
icon彩雲国物語 はじまりの風は紅く
icon


続きを読む

テーマ : 彩雲国物語
ジャンル : アニメ・コミック

「レジェンド・オブ・ゾロ」を見ました。

やっとこさ最後の1本です。飛行機で見た映画。
もう疲れていたので(じゃぁ見なきゃいいのだけど)、単純な物を…
ということで「ゾロ」を見ました。

前作が「マスク・オブ・ゾロ」。アントニオ・バンデラス主演の2作目ですね。
とか言いつつ、ろくすっぽ前作を見ておりません。
まぁ大体は分かりましたが。
ゼタ姐さん(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)もご出演でした。

エレナと結婚し家庭を持ったアレハンドロだったが、まだまだ家庭に落ち着くわけにはいかなかった。
エレナはそんなアレハンドロを心配するのだったが…
折しもカリフォルニアがアメリカ合衆国の13番目の州になろうとしている時だった。しかし暴力で富を得ようとするジェイコブ・マクギブンスら一味は、合衆国参加決議をする投票所を襲撃し、妨害しようとする。
その危機を救ったのはアレハンドロ扮する「ゾロ」だった。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

「カサノバ」を見ました。

さて、飛行機の映画シリーズ第5弾!(シリーズ?)
たまってます。

さて、この「カサノバ」…

日本公開前なんですよ!お客さん!!

主演が「ブラザーズ・グリム」で顔が分からなくなってしまった、ヒース・レジャーなんで見たんですけど。
6月17日から公開です。

稀代のプレイ・ボーイ、ジャコモ・カサノヴァのお話です。
舞台は18世紀のヴェネチア。
落とせない女性はいない、といわれたカサノヴァは評判通り、毎夜毎夜女性の部屋を渡り歩いていた。
ある修道女との密会がバレ、教会の役人に追われたカサノヴァは大学の行動へ逃げ込むのだった。そこで女性解放論を説く演説を耳にするのだったが、驚いたことに演説をしていたのは、男装して大学に潜り込んで来たフランチェスカという女性だった。
流石のカサノヴァも修道女との密会がバレては無罪放免とはいかず、祭りの夜までに正式に結婚し、家庭を持たなければ、ヴェネツィアから追放すると言い渡されるのだった。



続きを読む

テーマ : 撮影中、公開前の映画
ジャンル : 映画

やっとこさNANAが見れた!

やっとこさNANAの存在を忘れずに見ることが出来たわ!

頭の良くなるDSトレーニングの成果か!
と思いきや、毎週録画していると信じていた「獣王星」が2話までしか録画できていないことが発覚!!
もっと鍛えなければならぬのか!!
でも昨夜チラッと見たトール光一の出来はまずまずかと。
問題はサード小栗…

がんばれ!!

ってか、声質が優しげだからサードの悪辣(ファンの方、失礼!)さが漂ってこないんだよね。
サードって、結構難しい役だと思うんですけどね。
ラストの方とかごにょごにょ…

さて「NANA」。
ナナと奈々、2人の買出しのおはなしでした。
映画のまんまってことは原作のまんまってことか。
あれだけヒットしまくりのマンガだと、なかなか変えられないわな。
でもあんまり原作通りでいい出来だと、原作知ってると見なかったりしてね。突っ込み所がないと…
私は「ハチミツとクローバー」の時そうでした。

…やっぱりナナが「ハガレン」のエドに聞こえます。
微妙に恥ずかしいのはなんででしょうか…
ごめんなさい、朴さん!!
NANAが見れない最大の理由は私の中のヨコシマか?(微妙に「八雲立つ」ネタ)
すいません、負けっぱなしです。




テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

NANAは見れなくても、深夜アニメは見たりして。

11時台の「NANA」が見れない私ですが、1時、2時台のアニメは見たりして。

「ひぐらしのなく頃に」
この間の「綿流し編 其の参」からちゃんと見たんですが、よくある萌え系アニメの絵だったんで油断していたら

怖かった。

いえ別に話がどうとかではないんですが、容赦なくキャラクター怖い顔になるんでビビリました。
口の横や目の下に模図かずおの様なシワが…
そして主人公の圭一君のホラー物の主人公らしいウカツさにドキドキでした。
死にそうで、死にそうで。
レンタルに出たら借りてみようと思ってます。

「ガラスの艦隊」
放送時間が遅いので、だいたいOPすらまともに見てない状態だったんですが、激しく話題になっているのでちょっと録画してみました。
あのテンションは深夜にこそふさわしいですね…
お日様の高いうちから見るもんじゃぁありません。

可笑しすぎ…

続きを読む

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

「プライドと偏見」を見ました。

飛行機で見た映画…え~っと何本目?4本目か。

ここまで映画を見まくれば、いくら長い飛行時間といえども時間切れになろうというもの…(途中でやっぱり寝るし、ご飯も食べなきゃいけないし、アナウンスも入るしね)
やっぱりこの映画で時間切れになって、最後の最後で機長からのアナウンスが入ってしまいました。
ので、行きの飛行機ではラストが見れなかったんですが、帰りに見ることが出来ました。(ライブラリーの中から選ぶという形だったからですね。)ブラボー!

18世紀末のイギリスの田舎町。
裕福とはいえないベネット家には5人の娘と、娘を結婚させることだけに躍起になっている母親、それに呆れて無関心な風な父親がいた。
というのも、女性には財産の相続権が認められていなかったため、父親が死んでしまえば土地も家も全ていとこのコリンズに相続されてしまうからだ。
そんなある日、豪邸ネザーフィールドの館に大金持ちのビングリーが引越してきたというニュースが飛び込んでくる。
ビングリーが独身だといこともあって、田舎町は大騒ぎになる。
そして開かれた舞踏会で、ベネット家の次女エリザベスはビングリーの親友ダーシーと出会う。
誰とも踊ろうとしないダーシーに話しかけるエリザベスだったが、彼の気難しげな様子や、高慢な発言に反感を抱くのだった。

エリザベスにキーラ・ナイトレイ。ダーシーにマシュー・マクファディン、ベネット家の父親役でドナルド・サザーランドが出演していました。


続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

「フライ・ダディ・フライ」を見ました。

飛行機で見た映画その3

実は前にレンタルしたんですが、時間切れで最後を見損ねたんですよね。
ということで、見ようと。(なんせタダだし。いや、飛行機代は払ってるから正しくはタダではないか。)
岡田准一と堤真一が出てるのですよ。
これは見るしかないじゃないか!(何気にクセになってる…私)

優しい妻と可愛い娘と幸せな生活を送っていたサラリーマン鈴木一(はじめ)。
そんな彼の元に、ある日最愛の娘が怪我をしたという知らせが入った。
病院に駆けつけた彼を待っていたのは、反省の色もない加害者の男子高校生とその学校の教頭だった。
相手に凄まれて引き下がってしまった一は、妻と娘の信頼まで一気に失うことになってしまう。
翌日、思い余って包丁を持って相手の高校に殴りこんだつもりの一だったが、実は学校を間違えて、その上、朴舜臣という生徒に一発でKOされてしまうのだった。
目を覚ました一に、暇を持て余していた南方ら落ちこぼれグループが、一のリベンジに協力を申し出るのだった。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

「NANA」を見ました。

飛行機で見た映画その2。

マンガ好きとか言っときながら「NANA」を読んだことがありません。周りにも買ってる友達がいなかったし、縁が無かったんでしょうね。
ということで、今回見てみることにしました。
アニメの方は1回だけ見ました。(これもなんかうっかり見るのを忘れるのよね。)
ただナナの声が朴さんなんで(それがアニメを見ようかと思った理由なんですが)、たまにエドっぽく聞こえてちょっと変な気分になりました。バラ風呂とか入ってるし…

映画のナナは歌手の中島美嘉が演じてます。
小松奈々は宮崎あおい。
東京にいる彼を追いかけて上京する小松奈々。
その電車の中で同じく東京へ向かう大崎ナナに出会う。
名前が同じ「ナナ」ということで、東京までの道中で親しくなる2人。駅で別れた2人だったが、部屋探しで訪れたアパートの一室で偶然再会し、一緒に住むことにするのだった。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画化…

「ガンダムSEED」が映画化するそうな。

まだやる気なのか、あんたたちは!!

出てくるのはいつものメンバーということで、新しい話ではなく続きの物語ということになるのでしょう。
やっぱりキラから離れられないのね、「SEED」って。
これで年取ったキラとか、うっかりお父さんにでもなったアスランとかが出てきたらサンライズを尊敬しますけど、まぁいってても20代前半でそうお変わりない姿で出てくるのでしょうね。
ついでにシンも出てくるっていうお話を聞いたんですが、もうキラとかキラとかキラとかアスランとかと関係ないところで静かに暮らさせてあげてくれないでしょうか。
正義感の強いシンのことだから出てきちゃうんでしょうね。(ということにして納得することにしようか…)

続きを読む

テーマ : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
ジャンル : アニメ・コミック

「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」を見ました。

飛行機のそれぞれの座席にTVが付いていて、自由に映画が選べるようになっていました。
わ~い。
でも、日本語吹き替えがあるものとなると限定されてしまいました。
でも、わ~い。
以前に飛行機に乗ったとき、お金を出してわざわざ見に行った(友達と行ったんだけど何で見に行ったんだか。2人ともシュワファンでもなかったのに)「トゥルーライズ」を見さされて倒れそうになったこともあったし。(しかも、シュワちゃん主演だからすぐにTV放送されたし)

ということで、「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」を見ました。

葬儀社に勤めるブラウン氏を悩ませているのは、やんちゃな7人の子供達がいたずらをしてナニーを次々と辞めさせてしまうこと。
ベテランナニーすら根を上げる悪ガキ振りに、遂にはナニー派遣事務所にも依頼を断られることに。
亡き妻の椅子に悩みを相談していたブラウン氏の目に、あるナニーの新聞広告が目に留まる。
広告の不思議なナニー、マクフィー・ナニーが魔法のステッキをふるうと不思議なことが次々と起こり…

エマ・トンプソンが原作に入れ込んで、脚本と主演をこなしたそうです。悩めるブラウン氏にはコリン・ファース、7人兄弟のボスで長男のサイモンはどこかで見た子だと思ったら「ラブ・アクチュアリー」に出ていた子でした。あと気がつかなかったんですが、「ジェシカおばさん」が出ていたそうです。
意外に面白かったんで、「ジェシカおばさん」の出てくるころには話に入り込んでて気がつかなかったのかな。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

忘れてた…

GWは旅行に行っていました。

ので、行く前に「彩雲国」とか「獣王星」とか「チャングム」とか「クロサギ」とか、ついでに音松くんが復活するなら「スマスマ」も撮っとこうかしら(なんせ当時SMAPを音松くんの方で認識してましたからね)…なんて番組表片手に予約を入れまくって出かけたのですが、

ガンダムSEED DESTINY~スペシャルエディションをすっかり忘れてた!!

あはは~、異国の地で気がつきました。

でもアスラン視点なんでしょ。
シンの出番が増えちゃったりすることもないんでしょ。
新作カットってキラとラクス関係なんでしょ。

はんっ!!

テーマ : どうでもいいこと。
ジャンル : 日記

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。