スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「男たちの大和/YAMATO」を見ました。

なにやら評判もいいし、公開から大分経ってるので比較的空いてるかなぁ、なんて思って見に行ったら結構一杯でした。

「男たちの」なんてタイトルにくっついてる時点で、なにやらロマンに酔ったような感じの物か説教臭いものか、どっちにしろ暑苦しい映画であろうとイメージしていましたが、戦艦大和に起こった出来事を淡々と描いた映画でした。
悲劇的に描かれることが多かった戦艦大和なんですが、本当に戦時下の出来事という感じで描かれていました。
主人公達は下士官なので、彼らが戦況をどうこう動かせる立場にあるわけではないので、命令が出れば出撃するしかなく、戦いになれば敵機を撃ち落すことしかできないのです。
そういった意味ではリアルであったのではないでしょうか。

戦艦大和が撃沈されてから60年。
それを記念して式典が開催されようという枕崎に、一人の漁師がいた。彼は戦艦大和に関する式典への参加の誘いをずっと頑なに拒否していた。
そんな彼の前に戦艦大和が沈んでいる海域まで行きたい、という女性が現れる。
「どうしてもそこに行かねばならない。」という彼女の言葉に彼は船を出す決心をする。
彼女は養父が大和の乗組員だったことを話し出し、父親の心を知りたいのだと語る。
彼女が口にした父親の名前を彼は知っていた。
彼もまた大和の生き残りだったのだ。

スポンサーサイト

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ゲーム「クライマックスUC」の店頭デモを見た。

タイトル通りなんですが、思わず近所の電気店にも拘らず足を止めてしまいました。
というのは久しぶりに「ZZ」のプルツーの「そこのデカイのぉ!!」っていうセリフが聞こえてきたから。

あまりの懐かしさに、本当にフラフラと予約してしまいそうな(アクションゲーム駄目なくせに)私の足を止めたのは、フォウでした。

舞台がキリマンジャロなのに島津さんじゃない!!

確認のために思わず2回も見てしまいましたよ。
ということで、ゲームとかいいつつフォウについて語るです。

続きを読む

テーマ : 機動戦士 ガンダムシリーズ
ジャンル : アニメ・コミック

ガンダム運命たわごと。

さて、久しぶりにDESTINY話です。

最近やけにデスのBGMがTVで使われるのを耳にしますね。
それでただ単にしょーもないことをいろいろ書いているだけです。

ま、読みたい人だけ読んでみてください。

続きを読む

テーマ : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
ジャンル : アニメ・コミック

いろいろ貧乏…

なにやら、バイファムのDVD-BOXどうしよう…
なんて悩んでいた私ですが、買わないことに決定してしまいましたよ。
っていうか、買えない…
私ってばすっかり

車検の存在を忘れていた…

のよね。
家の軽自動車の方はほぼ私しか乗っていない状態なので、まさか知らん顔はできなかったよ。

そしたら風邪をひいて胃腸にきて(飲み込んだ物は出したことがない、この食い意地のはった私が)物が食べれなくなるし、それがやっとこさ治ったと思ったら帯状疱疹にはなるし。
なんなんだ2月!!

そして高いぞ、帯状疱疹の薬!
1粒500円て(保険で3割になるとはいえ)1回2錠X1日5回(X約1週間)。
もう、お支払いの時に目玉がキャッと飛び出て転がりましたよ。
一応先生には予告されていたけれど…
皮膚科で福沢諭吉さんが飛んでって、英世さんしか帰ってこないなんて…(薬代と診察料だけなのに)

ところで、新札の絵が金使いの荒い英世さんと一葉さんになったのは「金をジャンジャン使え。貯めるなよ。」という政府の陰謀かしら。
なんて埒もないことを考えてしまう今日この頃。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

あ!あの…も、文字は!

さて、先日「ハリー・ポッター」を見に行ったわけなんですが、事件は予告で起こりました。
「ブレイブ・ストーリー」の予告を微妙な気持ちで見終わった後(だったような気がする)、「How to…」と真っ黒い画面に打ち出されていく文字を見て

あ、「DEATH NOTE」!!
と叫びそうになりました。

10巻が発売されたばかり、ということもあって文字を見ただけで分かりましたよ。
もう予告を打ってるんですね。
とはいっても、前編、後編に分けて強気に公開することと、主演が藤原竜也だってことしか分からないような予告編でしたけれど。

続きを読む

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

「ハリーポッターと炎のゴブレット」を見てきました。

やっとこさ駆け込みで見てきました「ハリーポッターと炎のゴブレット」。
いつもながら面白く見れました。
ハリーシリーズはいつもある程度のレベルは保っているので安心感がありますね。

原作も友達に借りて読んでいたのですが、もうとうの昔に記憶の彼方…
本当にあらすじしか覚えていない状態で見ましたが、わからないことはなかったです。
ぶっとい原作2冊を2時間40分にまとめていたのですから、結構はしょっていたはずなんですが、上手く構成していたんではないでしょうか。
確かに「あれ?もっとシリウスは活躍してなかったっけ?」なんてことはありましたが…

しっかし、ハリーは相変わらず「武器よ去れ!」しか攻撃呪文がないのか…
4年生だからまだまだ教えられないということなんでしょうか。
攻撃呪文でなくても、敵を無力化する呪文とかもっと教えといてあげて下さいな。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

7(セブン)SEEDS

「巴が行く!」「BASARA」で有名な作者の最新作。
しかも連載中。

実は4巻までは買ったのですが、止めてしまいました。

だって、
しんどいんだもん!
読むのが…

少女マンガを読むのにも気力と体力がいるのだと、思い知った作品でした。

とっても面白いし、先も気になるのだけれど、婆ぁなのでもう走れません!!
て感じ…
くっ、こんな日が来てしまうとは…

こんなんでリンク貼るのもどうかと思うので、貼りません。
まだまだ走れます!!という人や気になった人は本屋さんで探してね。
すぐ見つかりますよ。

子供のころ良くこんな事を聞きっこしませんでした?
「世界が滅びて、生き残ったらどうする?」
これは実際にある日目が覚めたら、自分の家ではなく得体の知れない世界だった、という少年少女たちの物語なのです。
そして、訳の分からないまま彼らはサバイバル生活に突入することになるのです。

私は「そんな世界で生き残りたくない。」と正直心の中で思ってた子供でした。
みんな「おもちゃ屋さんに行って、好きな物を好きなだけ取ってくる。」とか夢のあることを言ってる中で、「じゃぁ、おもちゃ屋さんまでの電車は誰が動かすのよ。ご飯はどうすんのよ。」とか考えていたイヤな子供でした。

続きを読む

テーマ : 少女マンガ全般
ジャンル : アニメ・コミック

「スジナシ」を見ました。

「スジナシ」とは笑福亭鶴瓶がゲストと打ち合わせなしのアドリブで10分の芝居をする、というバラエティー番組です。
名古屋ローカルの番組で、関西では現在見れません。(多分)
私はずっと前に深夜に放送をしていたのを見たことがあるんですが、「面白かったから来週も見よう。」なんて楽しみにしていたら放送がなかった、というような記憶があります。

とりあえず初めということで、「1巻」を借りてみました。

出演は笑福亭鶴瓶とゲスト・大竹しのぶ、勝村政信、段田安則(登場順)
最後に出てくる段田さんの回が初回放送分みたいです。

久しぶりに涙が出るほど笑いました。
特に勝村さんの回。
いやぁ、役者にはなれないわ…
だって私ってば善良だからさ。

続きを読む

テーマ : DVD
ジャンル : テレビ・ラジオ

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。