スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジェネラルルージュの凱旋」を見ました。

だいぶ前の話ですが、映画「ジェネラルルージュの凱旋」をレンタルしたその日に、火曜10時にチームバチスタコンビが返ってくる、というCMを見て、ちょっとへこみました。
なんたるタイミング…

けれども、今回のドラマ版も映画版とはストーリー展開を変えて来ているので、映画版を見ていても結末が違いそうなので、楽しんで見れています。

白鳥さんは、中村トオルの方が合ってるなぁ、とドラマ版と映画版の両方を見て思いました。
まぁ、原作の小説は読んでいないんで、原作のイメージは分からないのでなんですが、阿部寛はちょっとアウトロー感が出すぎていて、官僚っぽくないんですよね。
なんていうのか、中村トオルの白鳥さんの方が組織の中で上手くはみ出し過ぎずにやってそうな感じがします。
周りの人間の隙をよっく見て、弱みも握っていそうな…
阿部寛の白鳥さんは、厚生省の官僚である必要がなさそうな空気感があるんですよね。

ジェネラルは、ドラマ版の西島英俊の方が体温低そうで、何を考えているか分からないですね。
スポンサーサイト

テーマ : ジェネラル・ルージュの凱旋
ジャンル : テレビ・ラジオ

「龍馬伝」第1回

大河ドラマが鉄板ネタをついに出した、と言われていた「龍馬伝」第1回の放送。

力が入った、NHKの底力を見たような第1回目でした。(前の「天地人」は…なんだか妻夫木くんが気の毒な感じ)
笑えて、泣けて、感心出来て。
細かい所では、泥ははねるし、埃は立つし、セットにしても力が入っていたような。
そして、大河としてはちょっと新しい感じの画面になっていたように思いました。
スペシャルでちらっと聞いたところによると、「ハゲタカ」と同じ人が撮ってらっしゃる様で。
言われてみて思い返すと、なんとなく納得なような気がします。

脚本も練られていて、龍馬の母の死の意味を彼がどう捉えていたのか?
ただ「上士を恨む」でなく「自分のせい」と自分を責めるでなく、「もの凄い事を成し遂げた母を見た」と、あの「凄い事」をもっと起こすにはどうしたら良いのか、と考えていた、とした所が見事でした。
ずっと上士に何をされても大人しくしていた龍馬が、弥太郎を助けに走ったのはなぜか、とか。

福山さんの龍馬も捉え所のないひょうひょうとした感じで、なんか泥臭い下士の中では浮いている感じも良かったです。
面白かったのは、前クールの「仁」で絶賛されていた内野龍馬とやっぱり通じるものが福山龍馬でも出るのだなぁと感じたことですね。
実際に龍馬を見た人、というのがどれだけ記録を残しているのか分からないけれど、坂本龍馬という人には共通イメージというのがあるのだなぁ、と。
福山龍馬は、どういう風になっていくのかは分かりませんが、まだまだ土佐のことしか見れていず、ヒヨッコな感じで初々しくて良かったです。
内野龍馬は、進む道が見えずにもがいてはいたけれど、大分ふてぶてしくなっていましたよね。
これから色々もまれていくのかなぁ。

そして、やっぱり随所に光る香川さんの名演。本当に巧い人なんだなぁ、と思いました。
昔「静かなるドン」のシリーズもTVで見てましたが、こんなになるとは思いませんでした。(と、上から言ってみたりして)

これは期待できそうだ、と思える第1回目でした。

テーマ : 大河ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

花ざかりの君たちへ

原作のマンガを読んでいたので、とりあえず見てみました。

なんかやたらにドラマ「花より男子」を意識して作ってあるような気がしますね。
マンガを知ってる分、違和感が…
ぶっちゃけ、掘北真希ちゃんと若手俳優を売り込むためのドラマだ、ということは見えてたので、こうなっちゃったかぁ、といった感じでしたね。
あれくらいブッ飛んだ感じにしないと、女の子が男子校に入り込む、なんて設定にムリが出ちゃうのかな。
掘北真希ちゃんは可愛かったです。思ったほど男装姿も変じゃなかったし。
でも、やっぱり中津は大阪弁じゃなかったなぁ。
そして中央が…ガチでオカマなキャラに。実写はキツいです。

あと気になるのは、上川さんが「キーポンダンシング」をしてくれるのかどうかです。
やってくれたら本当に尊敬しますよ。(あの場面が出てくるとは思えないけど)


テーマ : 花ざかりの君たちへ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ドラマ「花より男子」

言わずと知れた大ヒットマンガ「花より男子」をドラマ化したものなんですが、原作の方は読んだことがありませんでした。

ちょこちょこ見忘れがあったりしたのでレンタルしてみたんですが、やっぱり面白かったです。
台湾で先にドラマ化されて日本でもすごい人気だったので、後発でドラマ化なんて大丈夫なのかと思ってたんですが、負けてなかったと私は思いました。
なにより、松本潤!アンタはエライよ。
台湾版でも何気にスルーした道明寺の大仏パーマを、ちゃんとギリギリ見られるラインで再現した松潤を尊敬しました。

でも、考えてみれば「きみはペット」の時もちゃんとモモの髪型に近付けてたなぁ。
…なんか松潤、マンガ原作物多くないですか?

続きを読む

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「スジナシ」を見ました。

「スジナシ」とは笑福亭鶴瓶がゲストと打ち合わせなしのアドリブで10分の芝居をする、というバラエティー番組です。
名古屋ローカルの番組で、関西では現在見れません。(多分)
私はずっと前に深夜に放送をしていたのを見たことがあるんですが、「面白かったから来週も見よう。」なんて楽しみにしていたら放送がなかった、というような記憶があります。

とりあえず初めということで、「1巻」を借りてみました。

出演は笑福亭鶴瓶とゲスト・大竹しのぶ、勝村政信、段田安則(登場順)
最後に出てくる段田さんの回が初回放送分みたいです。

久しぶりに涙が出るほど笑いました。
特に勝村さんの回。
いやぁ、役者にはなれないわ…
だって私ってば善良だからさ。

続きを読む

テーマ : DVD
ジャンル : テレビ・ラジオ

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle
  • Author:ゆっこ
  • 映画の感想を書こうと思って始めたブログ…
    すでに馬脚を現しています。
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。